アキュレートでヒラマサ狙って仙台へ!

S&B

今回は、ヒラマサが釣れているという、仙台・快星丸に夜行日帰りでの釣り。目的はもちろんヒラマサ、それもできれば地元でもまだあがっていないという、10kgオーバーを誰よりも先に釣ってみたいということが目的の一つ。

もう一つは、アキュレートのドラグを含めた限界のテスト。ベイトはPE1.2号にリーダー25ポンド、スピニングは、PE2号、リーダー40ポンド。これでできれば10kgオーバーをという無茶な狙いですが、細いラインで大物を狙う事を考えて作られた、アメリカらしいアキュレートリールなので、それにトライしない手はないということで、しばらくはこの方針で、あちこちに、ヒラマサを狙いに行こうと思います。

さらに欲張って、マイクロフリップ!

こちらは何が掛かるかわからないのですが、スピニングのスロージギングタックルで、PE1号で、何が来ても上げたいという意気込みで出かけました。


早朝4時出船

まだ、薄暗い松島湾奥の港を、船は静かに出港。さすが松島だけあって、魅力的な島々が点在していて、ロケーションの良さに癒されます、何時も鹿島灘や外房で釣りをしていると、少し沖に出て視界がそれほど良くないと、岸も見えずに360度の海というのが多いだけに、こういうことでも気持ちは高ぶります。

40分ほど走って最初のポイントに到着。一見周りには島もなく特に特徴のないポイントですが、この湾内はには、海中にも大小さまざまな島?や根が点在しており、どこでもポイントと思えるほど魅力的。潮の流れもなかなか複雑で面白いところです。

 さて、釣り開始!

IMG_4326

まずはスピニングで1匹は確保しておきたいとゴープロをセットして、釣りを始めました、しかしどうも魚の気配が感じられない。前日は好調に釣れ、ワラサを避けながらヒラマサ狙うようだと、そしてサバ(金華サバ)もたくさん釣れるとの話でしたが、魚の気配なし。

ポイントを変えながら狙いましたが、サバやワラサすら、姿を現さない状況に船長も困り顔。どこもでもある、アルアル話ですね。

自分もガイドをしてるので、昨日は簡単に釣れたから今日は楽勝と自信を持って出ると全く…。なんてことは日常茶飯事ですから慣れていますが、そのついでに魚の気配を感じる能力もある程度ついているので、今の状況が厳しいことは容易にわかりました。

ならばとマイクロフリップで、根魚も含めて狙っちゃえと攻めました。根の上なので根掛かりは覚悟の上でかなり攻めてみましたが、こちらにも反応無し。

 

やっと魚の顔がみれました

そしてようやくヒット。といっても私ではなく。同船していた方が人生初のヒラマサをキャッチ!

私はその時、TOPを投げていたのですが、2度ほど追尾されて、一度は周りの静けさを打ち破るような大きな音で、突然「ガバッ!バシャ!」と水しぶきをあげてルアーに出ましたがフッキングならず。

小物を避けて大物を確実に取りたいので、トリプルフックではなく、シングルフックにしていたせいもあるかも知れません。

その後は、大きくポイントを変えながら周り、みんなで魚をさがしましたが、ブイについていたシイラが釣れたのみで、終了となってしまいました。

まあ、釣りですから仙台だろうが、外房だろうが、玄界灘だろうが、駄目な日はあるものです、次回に期待して帰路につきました。

IMG_8625

次回は来週土曜日

次回は全く同じタックルとシステムで来週の土曜日に、また、ここ仙台に来る事が決まっています、もうこうなったら取るまで通うしかないかな!

まあジギングでヒラマサを釣られている方からみたら、PE1号や1.2号で、10kgオーバーなんてとれるわけないだろう、そんなに腕が良いのか?とお思いの方もいるでしょう、ごもっともです。

しかし、私は惚れこんだ道具を信じていますので、きっと何時か結果はでるとしんじています、そのつど状況報告をいたしますので、お楽しみにしていてください。

今回は、ノーフィッシュの釣行記でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る