久慈港釣行記②

マイクロフリップ講習

IMG_5145

午前に引き続き、久慈港の大勝丸さんへ乗船。午後の予定はありませんでしたが、講習のために常連さんと大船長、若船長、若女将皆さんで待っていてくれて、午後出船、短時間ではありましたが、楽しく釣りをすることが出来ました。ただ、午前の結果から、いい結果が出てくれるか少し不安はありました。講習でいくら説明しても結果が伴わないと説得力半減ですからね。

o0480064013486542181大勝丸4大勝丸5

皆さんにマイクロフリップを渡して釣り開始。私はとりあえず基本的な釣り方を説明して皆さんが釣れることを願っていました。その間に若船長と色々な話をして説明をしていると、なんと最初の獲物は大船長があげてくれました。しかも真鯛です!

や~正直なところ慣れない釣りで結果が出るか不安だったのが、一気に解消しました。するとあちこちで声が上がり、多種多様な魚があがってきて皆さん楽しそう!

特に若船長と大船長には大変気に入って戴けたようで、来てよかったと感じました。みなさん興味津々という感じで、説明しているとあちこちから質問がくるし、マイクロフリップに対する興味と期待が感じられました。

大勝丸7daikatumaru

短時間ではありましたが、充分な手ごたえも感じられましたし、午前の大貫丸さん同様に、大勝丸さんも、良いお客さんといい関係をつくつている推薦できる船宿さんでした。

そうそう、午前中にわたしが苦戦した理由がわかりました。午後乗って皆さんにマイクロフリップを取ってもらったら、皆さんがレッド/ゴールドでした。後で聞いたら、久慈では昔から赤が強いんだとか! なんと50km位しか離れていない鹿島では、グリーン/ゴールドなのに、同じ常磐エリアで違うなんて、また勉強になりました。

マイクロフリップの購入はこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る