長崎遠征マイクロフリップ講習

長崎・環境もよく魚も濃い

多くのガイド船が出船しています。ロケーションも最高です。そして魚はオオモンハタを始め、アカハタなどのハタ類から他魚種が釣れて来ます。海も穏かでとても魅力的な釣り場。

ガイド船の船長さんもみなさん、とてもフレンドリーでお客様を楽しませることに一生懸命です。ちょうど伺った時には急に海の状況が悪くなり、渋いとの話でしたが、いやいやそこは九州長崎です、関東の人間である、わたしからしたら、これで渋いと言われるとと言う感じでした。

オオモンハタ、昔に釣った覚えはありましたが、久しぶりにライトタックルでの引きを味わって、改めて楽しい!サイズは大きなのから小さいのまで様々、小さいのはエアーを抜いてリリースをしています、食べられる分を持ち帰ると言う意識もしっかりしていると思います。

IMG_5253IMG_5254IMG_5255nagasaki6

わたしは、あたりの数は相当な数がありました、カラーやブレード、ポラロジックフィルム等色々試していましたので、数狙いではありませんでしたが、渋いと言う中でもノーマル設定だけでも、充分釣れてしまう、こんなところがまだ有るのかと言うのが感想でした。

わたしのタックル

ロッド:World Journey 7.7フィート PE2号まで、ジグウエイトMAX80g のマイクロフリップ用ロッド
リール:PENN BATTLE(バトル)Ⅱ G-tune2500
ライン:0.3号15LBテスト。最強のPEライン「EXXA」
リーダー:EXXAしなやかフロロ 3号 16ポンド

1長崎長崎2 長崎3

同船のお客様、船長もみなさんとてもフレンドリーで楽しく釣りができる、これはアチコチに行っている自分の感想ですが、やはり魚が釣れるところは船上もにぎやかだし、楽しいですかね。

しかも、この日釣れた魚は本当に様々、アカハタは幾らでも釣れそうです、オオモンハタの良型も出て、本当に楽しい釣行でした、またいいシーズンに期待ですね。

FullSizeRenderIMG_5259IMG_5260

今回、伺ったのはFREEDOM:久保佳吾 船長、希: 藤永一 船長、フィッシングガイド 友丸:濱田友則 船長、エスポアール:遠藤船長 と時間をいただいて色々とお話をいたしました。今後はこちらのガイド船様では、マイクロフリップの取り扱い、販売もいたします、使い方が解らない方は船長にお聞きください、とても楽しい釣りが出来ますよ。今後のマイクロフリップの釣果が楽しみですね!

歳が明けて、いいシーズンになった時にはどういう状態に成るのか、それも楽しみです。良い結果がでましたら、またご紹介いたします!

マイクロフリップのご購入はこちらから! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る