マイクロフリップinテンヤの大原

テンヤ発祥の地大原で

皆さんもご存じのとおり、大原と言えばテンヤ発祥地として全国に知られています。多くの船宿さんが年間を通じてテンヤ船で鯛を狙うテンヤと鯛の町です。その大原でマイクロフリップがどう受け入れられるのかが大きな楽しみでもありましたし、ある意味では不安もありました。

その大原の「つる丸」さんに乗船して、マイクロフリップを試す機会がようやくやってきました。

当日は午前はヒラメ船、午後はテンヤ船という事でしたが、船長からの要望で、午前のヒラメ船から乗船して、鯛のポイントではない所で狙ってほしいとの事でした。

1505594_1046308412118568_7134610771638827096_n

もしそこで釣れれば、新しいポイントとしてテンヤでも狙えるし、おそらく鯛も居るはずとの事で午前船からの乗船でした。イワシの生餌で狙うヒラメ船は基本的に横流しです、自分は船の中央、どうのまで釣り開始しましたが、その日はヒラメの活性が低く、なかなかヒラメも釣りにくい状況でした。

そこで、なんでも釣れるマイクロフリップの能力を生かして、ヒラメも狙ってみようと考えたのがちょっと失敗でしたね。釣りが中途半端になってしまい、一度、おそらくヒラメであろう魚が掛かりましたが、巻き上げ中にバラシ。

その時、若船長に数個のマイクロフリップを渡していたのですが、キャスティングして釣りをしていました、すると「あっ」と言う声がしたので見ているとヒット!

巻いて来ている時に、アタリがあったのが掛からず、そのまま巻き続けたらヒットしたとの事、なのでかなり上で食ってきたようですが、ロッドが大きく絞り込まれドラグもなり、大物であることは解りました、はたしてそれが鯛なのか・・

私は釣りをやめて動画を回し始めました、そのころには最初の強烈なひき込は抑えられ、じわじわと上がってきていました。

暫くのやり取りで水面下に見えたのは紛れもなく鯛、それも大鯛です、や~正直、それでホッとしました、自分にはアタリもなく、ヒラメらしきものもバラして釣果なしで終わるのかと思ったら、突然の大鯛、船長もここでこんな鯛が釣れるんだ!とすこし興奮気味、それ以上に私は興奮していましたが。

このポイントは、過去にはテンヤでも入ってはいたそうですが、小鯛しいか釣れず、今はヒラメのポイントになってるとの事、最初の目標としていたことが実証された瞬間でした。

およそ4kg位の立派な鯛、本当に嬉しかったですね~あげた鯛の周りに、他のお客さんも集まりマイクロフリップに関心が集まりました、こんないい形になるとは思ってもいなかったので、精一杯マイクロフリップについて語らせていただきました。

IMG_5470

この大鯛が午後から出た、テンヤ船も含めて本日最大の鯛となりました、これで大原最初の一歩はまずますいい形で終わることが出来ました。

午後のテンヤ船は、お客様が多く、わたしはミヨシに立ちましたが、船が大きく振られ立つのが精いっぱいで、一気に疲れが出てしまい、やや繊維喪失気味でしたが、何とか頑張りましたが、テンヤの方には、キロサイズがいい感じで、掛かっていましたが、潮が強烈に早く、テンャも10号以上で殆どが着底と同時にヒットしている感じでした。

巻き上げでのアタリはなく、私もほとんど着底と同時のヒットでしたが、掛かっても巻き上げ途中でバレてしまう事が多く、キャッチできず、最後にはリア誘導、ポラジックフィルムを使ってバイトは有るが結局、追ってくる感じが殆どなく惨敗でした。

IMG_5471

005

大原・釣り船「つる丸」

上がってから、「あままさ丸」の船長さんともお話をさせて頂きましたが、やはり今日はテンヤに分があっただろうとのこと、殆どが着底時に食っていたのは、こちらと同じようでした。

活性の良い時であればきっと大きな戦力になるし、テンヤ以外に攻める手駒があると言うのは、とっても良いことだとのこと、わたしもテンヤが良い日もあれば、マイクロフリップが良い日もあるとおもいます。

皆さんが何個かタックルボックスに持っていて、テンャでアタリが無い時のもう一つの手段としてマイクロフリップが有れば、結果として釣果は上がるし、他の魚も釣れる可能性も大きいので、将来的には皆さんが何岡づつか、お持ちになっていてくれる状態が望ましいと思います。

その考え方は、「つる丸」「あままさ丸」両船長とも同じ考えでしたので、互いに共存できる釣りでもありますし、タックルも同じ、この状態が将来の一番理想的な形だとおもます。

fune_main

大原・釣り船「あままさ丸」

今後の可能性として、大いに期待したいとのお言葉をいただきました、今度は「あままさ丸」でリベンジしないと!

マイクロフリップのご購入はこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る