フィッシングショー大盛況

1月、2月と2週連続で、横浜と大阪にてフィッシングショーが開催されました。もちろんわたしもギアラボブースにて、今年一番力を入れている目玉商品の「マイクロフリップ」についてご説明をさせて頂きました。

12642910_1074026082680134_7239693745187957328_n

去年は、この「ギアラボ」ブースには一般の見学者としておとずれていました、そこで運命的出会いがあり、バッタリとチャーマスこと北村さんと出会い、話をしているうちに、ギアラボで扱う、アキュレートリールを勧められ、手にした瞬間に惚れ込んでしまい、翌日も出かけ何度もアキュレートリールを眺めていました。

今年も顔をさしてくれました!

今年も顔をさしてくれました!

そこで知り合った、ギアラボ社長の福山さんと意気投合して、一緒に楽しく仕事をしていこうという事になり、今年は「ギアラボ」の出店者側として、ここに居ました。

正直なところ、去年のショーの時点ではリールに見とれていて、マイクロフリップが目に入りませんでした、それほどアキュレートに惚れ込んでいたのですが、のちに一緒に仕事を進めるに至り、「マイクロフリップ」のもつ無限の可能性を感じ、現在はマイクロフリップを紹介するために、全国の船宿さん、釣具店さんを回っています。

12645104_1076164349132974_148865284198623011_n

ショーでは大変お多くの方がブースを訪れてくれて、殆ど休む間もなく説明でシャベりっぱなしで、喉が枯れる程、のど飴をなめながらで失礼いたしました。

フェイスブックで普段からお話していた方も沢山来ていただき、実際にお会いして楽しい話も出来ましたし、遊漁船の船長さんや釣具店の方も大勢来ていただき、皆さんのマイクロフリップに対する注目度の高さを改めて感じました。この時に初めてお話しした船長さんや釣具店主様のところへ今後は予定を立てて順次回って行く事になり、今年も多忙な一年となりそうです。

12669686_1075710709178338_562601209016749004_n

今までに回り既にマイクロフリップを取り入れてくれている遊漁船のお名前も表にして、飾らせていただきました、来年はおそらく読み切れないほどの数になっている事でしょう。

まだ3月に、西日本福岡でのショーが控えています、こちらにもわたしも参加させて頂き、多くの方とお話が出来ることを楽しみにしております。

マイクロフリップを日本のスタンダードに、そしていづれは世界のスタンダードにすることが、わたしたちの思いです、きっとそうなると信じています。

image2

また今後は、タングステンだけではなく、鉛素材による「フリップ」も発売が決まりました、とりあえずは20gと30gを発売、更にバリエーションは増えていくでしょう、そう言った要望も多数ありました。今後のギアラボには注目ですよ!

マイクロフリップ及びギアラボ商品の購入はこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る