話題のマイクロフリップ

本当に釣れるの?

micro1-223x

マイクロジギングという言葉を、最近よく耳にする様になってきました、それと同時にマイクロフリップというジグも話題となっています。マイクロジギング、マイクロフリップとはどんなものなのか。

わたしが、最初に目にしたのはネットでジギングについて検索している時にマイクロジギングと言う新しい分野があるということをしりました。詳細はよくわからず、ただ小さなジグを投げて巻くだけで、根魚やタイなどが釣れるとのこと。

私のいる常磐エリアでも、産卵期に浅場に集まったホウボウを小さなジグで、ただ巻きか、ボトムバンプ(トントンと底を叩きながら巻いてくる)で釣ることはありました。ただ、それ専用のジグは無く、ショアジギング用のジグや、シーバス用のジグを使っていました。

そして、今年のフィツシィングショーで、劇的出会いをした、アキュレートリールを取り扱う、「ギアラボ」さんで初めて、マイクロフリップを手にし、説明をうけました。正直なところ、ちょっと変わった形のジグで、タングステンなので小さく、それでも35gと充分にショアジギングでも、ホウボウジギングでも使えるとは思いましたが、殆どの魚が釣れるとの謳い文句に、正直なところ、本当かな?と思いました。

後で色々調べてみると、確かに沢山の魚が釣れていて、しかも釣りが初めての女性が短時間でたくさんのタイを釣り上げたとか、普通ジグでは反応しない魚まで釣れているという事実を知り、興味がわいてしましました。

実際に自分で試してみる

IMG_4380

早速手に入れ、まずは手頃なマゴチ、鹿島は産卵で浅場に上がってくるマゴチを、テンヤにワームで釣るのが去年から流行っていてたくさん釣れていました。テンヤマゴチ船に乗り込み試してみました、タックルは、ティップラン用の7.7フィートのロッドに、リールは3000番、PE0.8号、リーダー15ポンドでした。

まずは、去年テンヤにワームでやった時と同じ様にボトムバンプ、すると着底して直ぐにアタリが!ワームだとちょっと間をおいてから、合わせていたので、同じ様に間をおいてから、合わせると確かな手応えで、ロッドが曲がりました。しかし、船べりでのバラシが多く掛けた魚の半分をバラしてしまいました。

IMG_8665

原因はロッドがカナリ柔らかかったのと、その日はとてもアタリがシブかったことと、水深が8m前後と浅かったので、遠くにキャストして広い範囲を探っていたので、40m以上キャストしていたため、柔らかいロッドでは、硬いマゴチの口を貫通できていなかった。

フックはとてもシッカリした作りな上に、なかなか掛からないショートバイトでも『口の外側からでも刺さり込み掛ける』事を条件に選び抜いた、芯が強く鋭さを極めたフックとの事で、とても刺さりがよく、掛かればバレにくいものでした。

わたしも、釣りで生計をたてているので、細かなところにもこだわります、昔、ラバージグを作った時も、何度もチェックして手直ししてもらい、気にいったフックを作って貰ったくらいなので、みればその良さはわかります。

ただ、初めて使うジグ、今までショアジギングでも合わせはカナリきっちりとしていましたが、ロッドばもっととても丈夫で、バットも硬く遠くのバイトでもフッ キング出来るタックルを使っていましたが、船からという事で、ちょっとタックルバランスと投げる距離を考えずに釣りをしていたのが原因でした。

11188151_939353726147371_5164773412835624119_n

数度バラしてからは、カナリ大きな合わせからの巻合わせをしてあげれば、問題無く貫通させる事が出来、たくさんのマゴチをキャッチする事ができました。また、回収時にマイクロフリップの後を沢山の小さな青物が追って来ている事にも気づき、このジグの集魚力の強さを知ることができました。

その後、本業でもある、バス釣り、でも試し、バスもキャットフィッシュもとてもいい反応を示す事がわかりました。この時のレポートは、別に書いているので、参考にしてください。

こうして自分で検証してみて初めて、マイクロジギングの可能性の大きさにますます興味がわいてきました。マイクロジギングは、多くのフィッシュイーターの主食ともいえるマイクロベイトに焦点を­­あてた新世代ライトゲームです。

マイクロベイトとは

「体調5cm~6cm以下の小魚」たとえば小女子やキビナコ、小さなイワシなど。海の魚の大半はフィッシュイーターであることはご存じの方が多いと思いますが、彼らは「その場にたくさんいて、食べやすいものを食べる」自然にさからわない、無駄な体力を消耗しないですむモノを食べるのが合理的で自然です。

通常、小さな魚ほど群れが大きく、捕食しやすいため、イワシの稚魚やキビナゴ、ハゼ類を始め、相当小さなベイトを多く捕食しているわけです。

タイラバやジグで、タングステン製のものがよく釣れるというのも、同じ重量であれば、よりシルエットが小さくなることから、うなづける話なのです。

水深50m程度までをカバーできるジグで、限界までシルエットを小さくしてみたのが、全長48mm、35gの『マイクロフリップ』だったのです。

ベイエリアや潮の緩い状況でも楽しめるマイクロジギング

howto2

ジギングと同じバーチカルな釣りでありながら、まったくアクションをつけず、ただ巻きで色々な魚が釣れてしまうタイラバは、オフショアの釣りを簡単に、誰でも楽しめるようにした革命でした。

『潮流と釣果が比例する』といっても過言ではないタイラバゲームは、海峡や水道がある海域等、潮流の早い地域を中心に、全国各地に広がりました。

しかし、関東には海峡や潮流が早い地域が少なく、釣り場も比較的浅い事もあり、タイラバ専用の乗り合い船は殆ど無く、テンヤ船に同船してやる事になるのが普通ですが、その場合も船長に一言許可を受けてとか言うのが現状だと思います。

タイラバアングラーの一番の悩みの種が『潮の流れがない状況』この状況が多い関東周辺でもマイクロジギングがカバーしてくれます。

そ れは、キャストして着底後、底付近をストレートに巻いてくるのが基本動作となるマイクロジギングは、ジグを底と平行に泳がせる横の釣りだから。これにより 飛躍的に広範囲を探ることができ、バーチカルな釣りではお手上げな潮止まり等の状況でも、魚のアタリを引き出すことが可能となりました。

結論としてのマイクロフリップ

mf_08a-

マイクロジギング専用タングステンジグ『マイクロフリップ』は、重量が35gで全長がわずか48mmしかありません。これに適合するタックルは1号までの細いPEラインを巻いたスピニングリールの2500番~3000番という、関東ではテンヤと同等の超ライトタックル。

できるだけシルエットの小さなタングステン製のジグを、細くて強いPEラインでキャストするというのが、ひとつのコンセプトです。

つまりマイクロジギングは、専用タングステンジグと細いPEラインとの組み合わせで機能するシステムになっています。

ロッ ドはもっとも軽いクラスのライトジギングロッドを中心に、お手持ちのエギングロッドやシーバスロッド、一つテンヤロッド、バスロッドも流用することができ ます。そう、この釣りはテンヤタックルそのままで十分に楽しめる、従来にないウルトラライトなスリリングなオフショアゲームなのです。

マイクロフリップ、ご注文または、ご質問は、当ページの「問い合わせ」にてお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る