フィッシュグリップについて考えました

みなさんはどんなフィッシュグリップをお使いですか

imgrc0115953066みなさんもフィッシュグリップをお使いの方は多いと思います。わたしももちろん使っています、歯が鋭い魚や背切れにチゲが有るものなどを掴むには必死ですし、フックを外す際にも有った方が、安全にフックを外すことができるので、たいへん便利だし、必要な場面も多いと思います。

疑問を持たずに使用していましたが、あるグリップを見てから、考えが変わりました、それは魚に対するダメージです。釣り上げてからフックを外す時、その後に写真を取る時にもよく使いますが、皆さんはこんな事は無かったでしょうか?

d21795f8金属製のグリップで、魚の口の柔らかな部分に傷をつけたり、最悪では穴が開いたりしてしまいます、持ち帰り、食べてしまうのなら関係無いと思われるかも知れません、もちろんそうなんですが自分は魚を釣る事で生計を立てている者ですし、バスはほぼリリースなのでなるべくダメージを与えないよう気をつけます。

持ち帰らないような魚はたいていは、サイズが小さい魚が多く、そういう魚こそグリップで挟むと凄く暴れてダメージが大きくなります、リリースするならダメージを与えずに放してあげたいですよね。

やっと見つけた理想のグリップ

10301826_54520447c1c25わたしは依然は、多くの方が使われている金属タイプのモノでした。しかし、今は写真にあるようなプラスティック製のザ・フィッシュグリップを使用しています。実用性・機能性を追求したグリップで、魚をリリースすることが多い、アメリカの製品です。使ってみて成るほどこれなら魚へのダメージは最低限に抑えられるとおもいました。

プラスチックの優しさと強力なグリップを両立。素材がプラスチックなので、軽くて水に浮きます。一度、カチッとロックしてしまえば、魚があばれても殆どグリップしてる所が動くことがないので、魚には物凄くやさしい。魚も持ちやすくキープ力も高い。

ココが良いザ・フィッシュグリップ

4ザ・フィッシュグリップは、プラスチックの当たりの優しさを持ちながら、魚をしっかりキープします。その秘密は、開口部内側に切られた溝で、オス・メスがしっかり噛み合い、シンプルなカム構造で自動的に強くロックします。

強度とグリップ力を兼ね備え、通常はかなり高価なモノもありますが、ザ・フィッシュグリップはとてもリーズナブル。サイズが2種類あってSとL、Sサイズで50gと超軽量です。

サイズの目安はヒラマサやブリなどの大型青物にはLサイズが、ガッチリグリップしてくれて持ちやすい。中型までのマダイや小型のイナダや根魚などにはSサイズがジャストサイズです。

つかむ、持ちあげる、リリースの動作も凄くスムーズで、ワンタッチリリースができます。パワフルで機能重視のフッシュグリップです。

アメリカでは大人気、魚を大事にする人は是非お使いください。見た目のカッコよさで高いグリップを持つよりカッコイイとわたしはおもいます。

17195-20-9DSCF5170

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る