スプリットリングプライヤーを考える

私のお気に入りのプライヤー

G-プライヤー1本業である、バスのガイド中は正直なところ、プライヤーはあまり使わないのです、その理由は一年をとおし、ほとんどが、フットボールラバージグ1本で釣りをしていて、そのラバージグの使い方が「布川式ラバージグ・スイミング」として多くのお客様にも支持され、そのスイミングを覚えるためにくるお客様が半数以上なのです。

ラバージグはスプリットリングは使わないので、必要があまりないからなのですが、晩秋から真冬はその釣りが効かなくなります。ふつうはそういう時は、フィネスフィッシングといわれる、ワームを使って待つ釣りが常識なのですが。

G-プライヤー2わたしは、そういう釣りが苦手で、ジッと待つことができない、攻めの釣りが主なので、冬は、ほとんどがミノーかバイブレーションなどを使います、その場合は当然スプリットリングが必要ですし、わたしの場合、その様なハードルアーをそのまま使うことがなく、自分なりのチューンナップをするので、余計に必要です。

そのチューンの内容は、ひみつです!ガイドにおいでください!でも今まで使っていたプライヤーは比較的大きめで先が太くてバス用やマスの管釣りようのルアーのリングには使いずらかったものです。もちろんジギング用のプライヤーでは大きすぎるし、バス用として使う物もこれと言えるものがありませんでした。

これは便利なプライヤー

G-プライヤー3そこで見つけたのが、Gプライヤー2という、ギアラボさんの極小プライヤー。スッポリ手に入る大きさで、どこのポケットにも入るし軽い。これは使える!と気に入って使っていましたが、海でのジギングやロックフィッシュは勿論、ヒラマサやマグロのキャスティング用にも十分使えちゃうのです。

それまではベルトにホルダーをつけてそこにジギング用のプライヤーをさして使っていました、そういう方がほとんどだと思います。でもベルトが邪魔だな~とか、熱いときは本当に邪魔、まあ最近はライフベストをほとんど使わなくなり、腰ベルトにつけるタイプを使用するので、そのベルトにホルダーをつければ良いかもしれませんが、万が一それが膨らむような状況になった時に、これが意外と邪魔なんです。まあそうならないほうがいいですが。

余計なものはなるべくつけずに、身軽でいることがどんな釣りにも絶対に必要だと思います。これならホケットに入れてどこでも持ち歩けます。

しかも高性能

小さいだけなら、ほかにもありますが、このGプライヤー2は0番というマス釣りなどに使うリングから、マグロキャスティングに使う150ポンドクラスのリングまで開けることができるのです。しかも裏技もあります、大きな強いリングのトリプルフックの交換とか、非常に力が必要で意外と危ない思いをした方もいると思います。

わたしもそうでした、でもこの裏技を使えば至極簡単なんです!使い方の説明は文章ではピンとこないと思いますので、動画をご覧ください!

今はすべての釣りをGプライヤー2で

これを知ってからは、もうすべての釣りで、Gプライヤー2が大活躍しています。バスの釣りにも新たな釣法ができそうで、これが前にも紹介した、マイクロフリックを使うもの、まだ予想ではありますが、冬のリアクションバイトの釣りに活躍しそうなのです。それにもプライヤーは必要ですからね!

それから忘れていましたが、もう一つ凄いところが、ラインカッター部分、フロロかーカーボンラインは勿論、PEラインがスパスパ切れます!まあビデオ観ていただいた方には説明不要ですが、本当によく切れます、使って便利、持ち歩きも便利、軽くて使いやすくて最高!一つ難を言うとしたら、小さくて軽いので、どこのポケットに仕舞ったか忘れちゃうことですかね!

お値段もお手頃な、1600円ですから、お財布にもやさしい、自分はコストパフォーマンスがよいものが大好きです、無駄に見せることを意識した道具は現場では必要ないとおもいます。今後もコスパに優れたいいモノを紹介していきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る