銚子沖、キメジ狙いチャレンジ

アキュレートでライトラインで挑戦

boss2先日、仲間4人で波埼の浜べ丸から、キメジ狙いで出船しました。事前の情報では10kgから最大で30kgがたまに入るというような情報でした。出船しているほかの船宿さんの釣果情報を見ていると、殆どが10kg前後が1日数本、運良く群れ、ナブラに当たればのようでした。

しかし、とれたという話よりラインを切られたという話の方が多く、事前準備の段階でラインをどうするか、ちょっと考えました、巻いてあるのはベイトがPE8本撚りの2.0号、スピニングが2.5号でしたが、4号にリーダー80ポンドで切られたとかS&Bいう話が入ってきていましたので、少なくとも3号にしようかと、ラインだけは用意しました。

今現在、巻いてあるラインはヒラマサ、ワラサ用で、これで充分に余裕で今まで釣りをしてきました、ベイトでは2号で8kgのヒラマサまではあげていましたし、不安もなかったので、このまま行けると思っていました。

それと釣りビジョンで、久米島のキハダジギングを観ましたが、2号ラインでスローで40kgをあげていたのを見ていたのと、以前、釣った時も20kgを3号で不安なく釣れたので、あまりにも切られた話が多かったので、ラインだけは、3号を用意したのですが、結局は強いラインで無難にあげては、アキュレートのドラグのテストにはならないと思ったので、巻きかえずそのままで出船でした。

お気に入りとなった浜べ丸

はまべ丸01お願いしたのは、波埼港の「浜べ丸」さん、初めての船宿さんでしたが、口コミでの評判は良かったので安心していました、4時半出船、思ったより沖はウネリがあり、風も強い状況でやや難しいかなと感じました。そして寒かった。

朝のうち鳥もアチコチに見えて、これなら一度くらいはチャンスありかなと思いました、すると船長が「あそこだ!」と叫び走り出しました、見ると鳥山が、さらにキメジが跳ねるのを見てしまいました。行けると思い船長の合図でジグをキャストして5mほど沈め、斜め引き02はまべ丸ファーストジャーク、これが一番聞くとのことで全員緊張がはしりました。

しかしmアグロの足は予想以上にはやく追っても間に合わない、そのうちに鳥も散って気配もなくなりました。その後は船長の感とソナー、レーダーをたより走り続けましたが、鳥山は見つからず、ウネリは高くなり風も強くなり、瞬間で15mは吹いていましたが、船長はそんなことは気にもとめず、走り続けます、反応を見つけてはジグを落としシャクリました。

しかし残念ながら釣れたのは、ペンペンのみ、ペンペンはジグの後を沢山の群れで追ってきました、さらに風も強まり普通なら戻っていてもおかしくない状態でしたが、船長はマグロはあきらめて、青物、ヒラメを狙いに行こうと提案。みんなもダメもとで来ているので、その提案を受けて狙いを変えて移動しました。

マグロはあきらめて

3はまべ丸ヒラメのポイント、青物のポイントと回りましたが、風も強いため船が流され、釣りにくいしバイトもない、徐々に疲れとあきらめが船上を支配しはじめ、2名が戦線離脱、それでもあきらめてないのは船長、次々とポイントを移動して魚を探して移動、戻る気配は全くなし。

1時半をまわり、船長が移動してみようと言ってきましたが、2名は寝ているし、時間もカナリすぎているので、こちらから船長に戻ることを提案、港に2時半に帰港しました。

移動の最中はづっと船長と話をしていましたが、その話が面白い、そして凄く真剣でまじめ、一番、自分が評価が高かったのが、考え方、普通は無線で釣れているか連絡を取り合い、釣れていればそこへ行って船団となって釣るのは普通です。しかし船長は、そういうのが嫌いで、並んでやることを良しとしていなかった。自分の魚は自分で探す。

その考え方が、長年ガイドをしてきた自分の考えと同じだったのです。話すごとに共感をえて、どんどん気に入ってしまいました。港についてから、釣れなかったからと朝払った船代から昼飯を食べてくれと、千円を返していただきました。これは金額の問題ではなく、気持ちとしてとてもうれしいし、わたしもそうしてることなのでさらに共感。

船はけして大きくないけれど、装備は充実しているし、釣りもしやすい、頼めば3人から出てくれるとのこと、そして狙う獲物もお客さんの希望をくんでくれるとのこと。女将さんもサバサバしていて気持ちの優しいご夫婦の船宿で、とっても気にいって、満足で帰って来ました。一緒にいった仲間も同意見でした。

翌日、船長からの電話

ship00938-002そして翌日でした、見慣れない番号から電話がはいりました、わたしはガイドの仕事をしてるので、よくあることなのですぐに電話に出ると、相手は、浜べ丸の船長でした、話の内容は、今日はハマグリ漁に出たら、いいホッキガイが捕れたので送るからとのことでした。

こちらとしては、時間を過ぎても走り回ってくれたうえに、お昼代ももらいそれ以上、送ってもらうなんて、、考えてもいなかったことで、本当に驚いたのと同時に、さらにお気に入りとなってしましました。

釣りは遊び、楽しむことが一番の目的、そのためには船宿さんとの相性はとっても大事です、気持ちが通じる、真剣さを感じる、温かいというのが、私の評価基準です。

たまたま行った船宿さんで、こんなに気持ちのイイ船宿さんと出会えたことは、とっても幸福なことです、このような船宿さんが各地にあって、皆さんにも紹介していきたいと思い、新たにカテゴリーを増やし「お気に入りの船宿」を追加しました、今後も少しづつ紹介していきたいと思いますので、お楽しみにしてください。順番は順不同なので先に紹介した順ではありません。

結果的には

04はまべ丸結果的には、キメジのハネは見えましたが、ペンペンのみで終了となりましたが、この日はどこの宿も釣果なしでしたから、こういう物ですよね、獲物がえものですから、でもそれ以上に大切なものを得たことが、

わたしとしてはうれしかった、いい釣行となりました、また是非行きたいので、皆さんに募集をかけるかもしれません。

そしてこの、浜べ丸、民宿もやっていて、乗船の人は無料で泊まれるとのこと!こんな宿そうは無いですよね!

06はまべ丸

はまべ丸 http://www.chowari.jp/ship00938.html

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る