話題のマイクロフリップに60g登場!

待望の60g新登場

60g

今までウエイト35gの一種類が発売され、各地で話題となっている、マイクロフリップに60gが新登場しました。

35gは水深50mまでを狙う事をコンセプトとして、全国各地で驚きの釣果をあげて注目が集めていますが、水深50m以上の深場や潮の流れが速い時、ドテラ流しの乗合船などでも活躍しそうな60g版。

タイラバに換算すると100g~120gに相当するそうです。しかもプレミアムタングステンの高密度、極小シルエットでの、また新たなる進化、広がりが容易に予想できます。

わたしが住んでいる、茨城県鹿島灘は、11月にヒラメが解禁となります。今までの35gでも解禁になったら是非狙ってみて、餌釣りとの比較などもしてみたいと思っていました。

しかし問題は、船の流し方がこの辺で言う横流し(ドテラ流し)なうえに、多くのファンがいるために、オマツリすることへの心配がありました。

ヒラメ解禁はこれで決まり

hirame-youko

そこに、60gの発売のしらせ!わたしは内心「シメタ!」と思いました、こんなベストなタイミングで発売されるとは、ヒラメを狙いなさいというようなものです。

今までにも35gで、ヒラメも釣れていますが、本格的にヒラメ解禁となり、ヒラメ狙いとなると、ポイントも変わってきます、今まではテンヤ船での外道としてのヒラメでしたが、今度は本命です。

これで、ヒラメの解禁が、とても楽しみになってきました、通常はイワシを付けた、泳がせ釣り、さて生餌とマイクロフリップどういう結果が出るのか、凄く楽しみですね。その前にテンヤ船で趣味レーションをしておこうと思います。

(写真は参考です、こういう大物が狙えます。釣り人は、MasamiZmテスターの月うさぎようこさんです。)

すでに発売はされていますので、興味がある方は是非。またヒラメに限らず、仙台の友人のガイド船での深場のタラ釣りなども、ますます楽しみ、今からどんな釣りをしようか想像が膨らんでしまいますね。

マイクロフリップ、ご注文または、ご質問は、当ページの「問い合わせ」にてお願いいたします。

マイクロフリップの購入はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る