マイクロフリップによる、霞ヶ浦水系のバス

霞ヶ浦水系で話題のマイクロフリップを使ってみました

私は霞ヶ浦水系で20年間、バスフィッシング・ガイドとして生活してきました。この難しいフィールドで、海のボートゲーム用として開発されたマイクロフリップが通用するのか、とても楽しみにしていました、当日の水位は平水よりやや高め、前日の雷まじりのドカ降りでの急激な増水は、本来ならかなり難しい状況です。

ポイントは多少根掛かる可能性はあるが、出ればサイズが良い沈みテトラにブレイクが絡むポイント。あまり浅いポイントでは、ほとんど底をズル引きするような形になってしまうために選んだポイントです。

霞水系は、平地にあるシャローフラットの超マッディーな釣り場です。透明度は25cm前後、バスを釣るのはほとんど、水深1m~2.5m前後と縦に誘うことが難しい上に、激タフなレイクとして知られますが、トーナメントも開催される、関東のメジャーレイクです。

すぐ下流に河口堰があり、水位調整がおこなわれるので、天候、風、水温にプラスして河口堰の開閉を考慮しないとバスにたどりつけない湖で、一晩で状況がコロッと変わることでも知られています。

23

 

そしていよいよ実釣

当日のタックルは6.6フィートのファーストテーパーの、通常ラバージグの、私、独特のスイミング用にいつもガイドで使い慣れたロッドです。リールはベイトリール、ラインはフロロ・カーボンの8ポンド。

まずは一投目。根掛かりが気になりましたが、心配していたほど根掛かる感じはありません。マイクロフリップは、形状的にフックがジグの上にある状態なのでだと思います、そうなるとさらに攻めたくなるのが釣り人、徐々に核心に迫っていきます。

そして底についたマイクロフリップを少しロッドであおり、底から10cmほど上を保っての長いストロークの横引き、その動きを、リールを巻くことではなく、ロッド操作で行うのが、私のスイミングの特徴。そして最初のアタリが!

11536041_936902929725784_8390927157592877015_n

 

ほとんど合わせることなく、ヒットした魚はどうも動きがおかしい。これはバスではないというのは、すぐにわかりました、そう霞ヶ浦水系に最近増えている、アメリカン・キャットフィッシュ(ナマズ)でした、キャットは何でも食べる悪食なので釣れるとは思っていましたが、すぐに結果が出るとは。

その後、さらにキャットフィッシュがヒットした後、今までとは明らかに違うバイト。小気味よく伝わるマイクロフリップの動きを消しさるような、抑え込むような微かな感じは、間違いなくバスです。

そして本命のバスが!

いつものラバージグでは鋭く小さく合わせをするのですが、今日はスイープにバスの口の中からマイクロフリップを引き抜くように合わせると、乗りました。やはりバスの引き。初めてのバスのヒットというより、マイクロフリップでの初の釣りなので、どう使うかが正直まだわかっていないながらも、結果がその心配を打ち消してくれました。

11188151_939353726147371_5164773412835624119_n

 

上がってきたのは40cmオーバーの、この湖としてはレギュラーサイズよりも少し大きなバスでした。正直なところ35gという重さが少し気になっていましたが、どうしても自分の本来の本業であるバスで試してみたいと思っていたので、海でのテストの前に、まずはバスという事で試しに来たのです。

しかし、この透明度の低い濁った湖では、バスはベイトの微かな動きを感じて、目で追うとい「うより、身体で感じる波動のようなもので餌も探すと思います。マイクロフリップの波動は凄くバスを引き寄せるようです。

ただ、ショートディスタンスの釣り(5m~7m)が主流の霞水系では、十分に威力を発揮させることは難しいかもしれませんが、関東のダム湖、山上湖などほかのフィールドでは十分に強力なアイテムとなると思います。

通常バスタックルは重くても24g以下、最近は5g以下等というのが当たり前として作られているので、フィネス系のロッドではちょっと重いかなと思われました。

11248700_936902913059119_4629413746079096990_n

 

当日は、パッケージから出したそのままの状態で使いましたが、リアに小さなブレイドを追加しての速引きもかなり効果があるかもしれません。

ジグ的な使い方を今回はしましたが、次回はハードルアー的な例えばバイブレイション的に使って試してみたいと思います、さらには冬の定番になりつつある、メタルバイブ的な使い方も効果ありかな?

可能性はまだまだあると思います、今後の展開がとても楽しみなルアーだと思います。

マイクロフリップ、ご注文または、ご質問は、当ページの「問い合わせ」にてお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る