富山県氷見マイクロフリップ講習

水深100mの鯛を狙う

10月30日、富山県氷見市の遊漁船・海坊主V(ファイブ)さんへマイクロフリップ講習へ行ってきました。

banner

前日に氷見市に入り、夕方、港と船を確認してきました、その時点では風は多少ある程度で、少しは星も出ていて、明日の釣りが、講習には支障がなさそうに思えました。

10-30-1

朝、4時半に港につき、支度をしていると、船長と弟さんのお二人がやってきました、鯛は朝の2時間ぐらいが勝負だという事で、さっそくタックルを積み込み出船しました。

その時点では、風はそれ程ではなかったのですが、予報では昼近くに強くなるとのことだったので、早い時点で結果を出しておきたいなと言う気持ちがありました。

ポイントまで走ります、しばらくして着いたポイントは水深100m少し、普段、鹿島では水深30mから40mが中心で、御宿の長栄丸でも50m~60mを釣ってはいますが、100mはまだ未知の水深です。

水深100mのマイクロフリップ

わたしも氷見で釣りをするのも、初めてだし、水深100mを35gあるいは60gのマイクロフリップがどのような感じなのか、潮の流れなども考えどのくらいラインが出るのかなど、興味は尽きませんでした。

10-30-4

最初のうちは、マイクロフリップの多くのバリエーションのセットの仕方や、タックルの選び方、釣り方などを説明しながら、お二人に釣って戴いたのですが、そのころから徐々に風が出始めてきました。

船長は先日、お客様が持参した、マイクロフリップがタイラバを抑えて、次々に真鯛を釣り上げるのを目にしていて、一気にマイクロフリップにたいする興味が沸き、電話で問い合わせ、講習があることを知り、今回、わたしが来たというのが経緯です。

60g

船長の一番、確認したかったことは、100mの水深で底が取れるのかという事が一番だったようです。釣れる事は実際に見てしまっているので、間違いないと思っていたようですが、自分で試してみたいという事での講習でした。

そして、投入してしばらくして、マイクロフリップがボトムをとらえ、船長が一言「底とれるよ」でした、その時使用していたのは35g、これなら多少潮が早くても60gなら充分、底が取れることが解ったので、後は釣るだけ。

その時、船長のロッドの確かなアタリが!わたしは説明をしながら見ていたのですが、あきらかに鯛のアタリと見えるアタリでしたが、残念ながらフッキングせず。

そのころからドンドン風が強くなりはじめ、私もロッドを持ちおろしてみましたが、流されて100mの水深で、ラインが150m以上出ていました。

キジハタ狙い

10-30-3

さらに風が強まり、釣りをするには支障が出てきたため、ポイントを、水深30mから40mへ移動して、キジハタ狙いに変更、その時点でかなりの白波がたっていました。

40mでスパンカーを貼り流れに任せてながすと、ラインは60mから70mは出てしまいます、巻きとりも船が流れる分、非常に重く感じました、この状態ではアタリがあっても、解りにくいだろうと思いましたが、アタリは物凄く小さく、多少重く感じる程度でした。

とりあえず解りにくいアタリをとらえて、何とかジギハタ、ゲットにも成功、ほかにサバフグと小さな魚をキャッチしたところで、風が限界近くなり、終了して帰港することになりました。

10-30-2

結果的には、本命の真鯛は釣れませんでしたが、船長は自分が試してみたかったことが、試せて納得が出来たので、充分だと言っていただけました。

天候がおちついたら、自分で試して、まず結果を出してから、ホームページでもPRして行こうと、今後、マイクロフリップの釣りを積極的に取り入れていく、姿勢が頼もしく見えました。

短い時間はではありましたが、富山までやってきた甲斐はあったと思います、状況が良い時であれば、鯛は勿論、お客様にはキジハタ狙いの方も多いのですが、キジハタは沢山釣れるので、楽しみなエリアになると思います、今後、釣果を期待して、結果がでましたらまた報告させていただきます。

マイクロフリップのご購入は下記リンクからお願いします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る