長栄丸講習の釣果報告

11月3日・長栄丸

御宿の長英丸は、マイクロジギングに積極的に取り組んでいて、マイクロフリップ実地レクチャーを、今日から木曜日5日まで連続で、私が乗船して実施しています。

11-3-2今日は、初日でしたが、昨日のウネリが残っている上に、予報より風が強く、気温も低くて、寒いくらいでした。

水温も場所により多少の違いはありましたが、平均して下がっているようでした、特に底潮が冷たいようで、あがってきたマイクロフリップを触ると、冷たく感じました。

状況としては、あまり良くはない状況でのスタート、水深40m前後からせめましたが、反応がなく少し深場の50m前後、ここも反応なし。

11-3-3

船長は水温が高いところを探しながら、移動を繰り返し、何とか反応があってサイズは小さいながらまず1枚をキャッチ。

他にイナダ、そして魚はなんだかは特定できませんが、ラインブレイクで惜しくも逃すお客様も、このお客様はこの後、もう1度ラインを切られました、本当に残念、顔だけでも見たかった!

そして時間を延長して浅場に移動、風も治まってきたところで、パラシュートアンカーを入れて流し始めると、ポツポツあがり始めて、最終的には1枚から4枚、サイズはいまひとつでしたが、状況を考えれば、いたしかたなしというところでした。

11-3-6

鯛、以外ではミヨシのお客様が、ビッグサイズのカサゴをキャッチしていました。全体的に活性低く、終わりましたが、午後から気温も上がり、風も治まり、明日は期待できそうな予感がします。

明日は、チャーターで、ポイントの店長さんと、各店舗の店員さんが11名で、マイクロフリップ実釣講習会です、わたしはレクチャーと取材を担当、他に釣りビジョンの取材もはいっており何とか結果を出したいところですね。

ご購入は下記リンクからお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

fukawa

釣り歴60年、様々な釣りをへて、若い頃よりルアー&フライフィッシングに憂き身をやし、様々なターゲットを求めて海外へも幾度となく行く。
公務員を辞めて釣りの仕事がしたく、バスフィッシングガイドとなり20年以上、仕事はバス釣り、趣味は、ショア、オフショアジギング&キャスティングを中心に釣りを楽しむ、プロフィッシャーマンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る